ワインイメージ

ひとり暮らしに欠かせないワイン

ひとりでワインを飲むときに、困るのは飲み残しが出てしまうことです。
ワインは酸化すると大きく味わいを損ねてしまうものですので、できれば一度に飲みきるか、保存しやすいものにするか、どちらかにしたいものです。

ひとりで飲みきってしまうのにちょうどいい量で、しかも安価なものは国産のワインに多くなっています。
たとえば、北海道ワイン株式会社の「おたるセイベル」「おたるロゼ」「おたるナイヤガラ」は360mlで600円程度という値段ですので、ひとりでもちょうどいいでしょう。
口当たりのよい飲みやすさが評判になっています。

岩手県の「エーデルワイン」も岩手のよい土、よい水が揃い、かつ720mlで1000円台と良心的な値段設定です。
青森県の「ニッカウヰスキー弘前工場」では、りんご100%のアップルワインがつくられており、720mlで1000円未満の販売額です。
アルコール度数は高めですが、まろやかで深い味わいが特徴です。

山梨県の「アサヒビールワイナリー」
で作られている「アサヒ梅ワイン」は梅100%でつくられているうえ、さっぱりとしてクエン酸などの体にいい物質がたくさん詰まっています。
飲み残したものを保存するのであれば、ペットボトル入りのワインを選ぶと、簡単に保存できるでしょう。